これからのエネルギーは太陽光発電!

太陽光の理想と現実を教えます - 変換効率の差は大きな差

変換効率の差は大きな差

太陽光発電はいくつかのパーツで構成されていますが、その中のパワーコンディショナーは太陽光発電の要とも言えるパーツです。
太陽光発電は太陽の光を吸収しそれを家庭で使用する電気にするものですが、そのままでは家庭用電気としては使用できません。
直流電流を交流電流に変換する必要がありますが、パワーコンディショナーはこの役目を担っています。
モジュールの仕様は各メーカーによっての違いもあります。
太陽光発電の各パーツは各メーカーで値段も違うので、安いものを別々に揃えることもできます。
しかし太陽光発電モジュールと同じメーカーで揃える方が相性もよく安心です。
各メーカーによって特徴なども違ってくるので、どのようなメリットがあるのかもチェックし比較して自分の家に合うものを選ぶのがおすすめです。
重要なのは変換効率です。
価格が安くても変換効率が悪いとロスも多くなるので、電気を効率よく使用できません。
初期費用の安さを重視してしまうと、効率面が悪くなってしまう傾向があります。
新しい機種も続々と登場していますが、変換効率94%前後のものが一番いいでしょう。
最近の機種でいうと、三菱のPV-PN40G/PV-PN55Gは変換効率が97%前後になっているので人気があります。
これを3.0kwの発電で比較してみると、94%の場合は6%のロスがあるので、実際は2.82kwの電気になります。
変換率が98%だった場合は2%のロスなので、2.94kwの電気になります。
数字だけで見るとそれほど大差ありませんが、太陽光 発電は20年以上使用するものなので、長い目で見たとき変換効率がいいほどお得になるのです。

【効率の良い太陽光発電はコチラから!】
とくとくショップが万全のサポートをいたします。

Copyright(C)2013 これからのエネルギーは太陽光発電! All Rights Reserved.